○当財団設立30周年記念講演会・祝賀会を開催

1986年4月1日に創立された当財団は平成27年度が設立30周年にあたり、記念講演会・祝賀会を3月7日にホテル・ニューオータニで開催いたしました。

 講演会では、①東京大学特任教授 加藤久典先生による浦上財団30周年記念事業「ACN2015浦上財団トラベルアウォードの報告」、②公益財団法人民際センター理事長 秋尾晃正氏による浦上ランチプロジェクトの紹介「新たな歴史を創造するラオスの給食普及事業~夢の実現に向けて~」、③東日本大震災復興支援事業で24年度より3年間支援させていただいた公益社団法人sweet treat 311 代表理事 立花貴氏による「大震災で人口の8割が流出した過疎地域からの挑戦~雄勝の実らが、日本の未来になる~」と3本の講演で主な浦上財団の事業活動をご紹介しましたところ、多くの参加者から「有益な事業を行なっている。」との評価をいただきました。

 続いての祝賀会は財団の30年の歩みをまとめた映像で始まり、農林水産省の櫻庭英悦食料産業局長から心温まるご挨拶を賜りました。もう一つの30周年記念事業の研究助成:研究室立上げ支援大賞の贈呈式に続き、理事・評議員・選考委員への記念品贈呈では磯野理事より財団設立時の貴重なお話をいただきました。そして三木啓史評議員の乾杯の音頭で宴に移りました。

 ご参加いただいたのはこの10年の研究助成の対象となった研究者や震災復興支援の支援者、事業関係者や公益財団の方々、ご寄付等ご支援くださっている方々など多くの方にご出席いただきました。

 浦上財団は40周年に向けて、さらなる飛躍を目指します。引き続き皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

30th_image001

<加藤久典氏の講演>

30th_image003

<秋尾晃正氏の講演>

30th_image005

<立花貴氏の講演>

30th_image007

<研究室立上げ支援大賞贈呈式>

30th_image009

<理事長挨拶>

30th_image011

<記念品贈呈と磯野理事>