「食」は「人」に「良」いこと 元気のもと

2018年度(平成30年度)

■ 平成30年度 (公財)浦上食品・食文化振興財団 学術研究助成一覧

 

募集期間 平成30年6月1日 ~ 7月10日(申請件数:185件)
※1000円未満は四捨五入表記 
研究課題 研究機関・代表者 助成額
(千円)
研究期間 研究
報告書
新タマネギの葉の有効利用を目指した新規利用法の開発 長崎県立大学
看護栄養学部
 助教  湯浅 正洋
2,930 2019.3
-2020.2
天然色素素材の高効率抽出法の開発 名古屋大学
工学研究科
 助教  神田 英輝
3,000 2018.10
-2020.3
電気的処理による新しい食品のブランチング技術の開発 岩手大学
農学部
 准教授  折笠 貴寛
3,000 2018.10
-2019.9
新規霊長類オルガノイドを用いた消化管センサー細胞の解析 東京農業大学
応用生物科学部
 准教授  岩槻 健
3,000 2018.10
-2020.3
ビタミンB12欠乏により蓄積する異常な代謝産物が生殖機能に及ぼす影響 鳥取大学
農学部
 助教  美藤 友博
3,000 2018.10
-2019.9
抗酸化物質の摂食が癌モデルマウスの腸管免疫に及ぼす影響 岡山大学 大学院
ヘルスシステム
統合科学研究科
 助教 増田 潤子
3,000 2018.10
-2020.9
生活習慣病改善のための嗜好に基づく食事メニュー推奨システム 山梨大学
総合研究部
 教授  福本 文代
3,000 2018.10
-2019.9
ストレス条件下における鉄栄養制御によるトマトの生産性および鉄含量・機能性成分向上に関する研究 (国研)農研機構
次世代作物開発研究センター
主任研究員 
 小郷 裕子
2,500 2018.10
-2020.9
ヒト正常細胞の恒常性と変化を司る栄養源依存的な遺伝子発現制御機構 大阪大学
生命機能研究科
特任研究員 
 林 陽子
2,800 2018.10
-2020.3
腸内細菌が産生するビタミンが宿主の免疫系制御に与える影響の解析 日本大学
生物資源科学部
 教授  細野 朗
3,000 2018.10
-2020.3
食品テクスチャーの違いが咀嚼による脳活動および自律神経活動に与える影響は健康の増進に寄与するか 東京医科歯科大学
大学院医歯学
総合研究科
大学院研究生 
 大森 浩子
2,020 2018.10
-2019.9
香辛料感受性腸内菌(S-SIB) -その増減は宿主の健康に寄与するのか- 東京海洋大学
学術研究院
食品生産科学部門
 准教授  久田 孝
3,000 2019.3
-2020.2
ヒハツモドキの特徴香によるストレス緩和や脂肪蓄積抑制作用に関する基礎的研究 琉球大学
農学部
 教授  和田 浩二
3,000 2019.1
-2019.12
ブラジルアマゾン日系人の食文化適応―移住者家庭における現地素材を用いた和食の創造と現地食和風化の記録研究 東京農工大学
大学院農学研究院
 教授  山田 祐彰
3,000 2018.10
-2020.9
香辛料成分TRPA1アゴニストの摂食亢進作用と食欲不振モデルマウスへの有効性 京都府立大学 大学院
生命環境科学研究科
 教授  岩崎 有作
3,000 2018.10
-2019.9
日常食を介した無機ヒ素摂取による健康影響調査のための中長期曝露バイオマーカーの検討 (国研)産業技術総合研究所 安全科学研究部門
主任研究員 小栗 朋子
2,500 2019.3
-2020.2
重症野菜・果物アレルギーのコンポーネント解析-Gibberellin-regulated protein検出・検査系の確立- 藤田保健衛生大学 
医学部
 教授   近藤 康人
3,000 2018.10
-2020.4
  計 17件 48,750    

 

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.